エアロビクスって何?どうやって始めるの?といった諸々の疑問を解決。そして、健康増進や弛んだ身体を磨き上げるためのエクササイズ、トレーニングの方法などを紹介しています。
TriCraft:エアロビクス&フィットネス情報
TriCraft:エアロビクス&フィットネス情報
TriCraft:エアロビクス&フィットネス情報
TriCraft:エアロビクス&フィットネス情報
TriCraft:エアロビクス&フィットネス情報

立春を迎えてもまだまだ真冬日を記録することもある寒さが厳しい季節が続いています。

空気が乾燥している冬場は、インフルエンザをはじめとする感染症が流行しやすい時期ですので心配です。
家に入ったらすぐに、手洗いとうがいを徹底することは当然のこととして、インフルエンザワクチンの有効抗体は3~5カ月くらいから緩やかに下降していきますので、再び感染リスクが高まります。

昨年早い時期に摂取されたという方の中では職場・学校や地域の状態では再度接種を受けることも検討する必要がでてきます。

まずは、感染を防止するため長い時間を過ごす部屋では加湿器を使って適切な湿度(50~60%)を保つようにしましょう。

新型コロナウイルス感染症について

 

女性の顔
新型コロナウイルス関連肺炎とは、新型コロナウイルス“SARS-CoV2”が原因とされている肺炎のことです。
WHOは、このウイルスによる肺炎などの症状全般を“COVID-19 ”と名付けました。
2019年12月以降、中国湖北省武漢市を中心に発生し、短期間で世界に広まっています。
女性の顔
2月13日、国内最初の感染者の死亡がありました。
その後、厚生労働省から相談・受診の目安が示されました。
女性の顔
示された相談・受診の目安は、

風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く方
(解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です。)
強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方
なお、以下のような方は重症化しやすいため、この状態が2日程度続く場合には相談ください。
・ 高齢者
・ 糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD 等)の基礎疾患がある方や透析を受けている方
・ 免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

とされています。
 

女性の顔

予防策としては、
(1)手洗い
ドアノブや電車のつり革など様々なものに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。
外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗います。
(2)普段の健康管理
普段から、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきます。
(3)適度な湿度を保つ
空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。
乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度(50~60%)を保ちます。
(4)咳エチケットとしては、
くしゃみや咳が出るときは、飛沫にウイルスを含んでいるかもしれませんので、次のような咳エチケットを心がけましょう。
・マスクを着用します。
・ティッシュなどで鼻と口を覆います。
・とっさの時は袖や上着の内側でおおいます。
・周囲の人からなるべく離れます。

などが示されています。


国内での患者数は、
2020年2月18日12:00現在で
・患者:53人
・無症状病原体保有者:13人
・死亡:1人
となっています。