夏の暑さももうすぐそこまで。日中の暑さも厳しさを増し、夜も寝苦しさを感じる時期になってきました。
暑さでぐっすり眠れていないので、寝つきが悪い、夜中に何度も目覚めてしまう、すっきり起きられない、体がだるいという方が増えてきます。
そんな方によく眠れずに睡眠不足が続かないような対策を紹介します。

1.エアコンで涼しく
室温が高いままだと、体温が下がらずになかなか眠りにつくことができません。室温の目安は、温度26~28℃、湿度50~60%程度がオススメです。
エアコンを低く設定しすぎたり、エアコンの風が直接あたったまま寝たりしていると、不調の原因になりますので気を付けましょう。

2.季節のパジャマで

夏用のパジャマは吸水性通気性などがある生地が多いので夏用のパジャマを着用するのがオススメです。また、寝具もひんやりするものや通気性の良いものなどを使用すると良いでしょう。

3.入浴は早めに

寝る直前にお風呂に入ると、体温が下がらずに眠りにつきにくくなるので、寝る1~2時間前にぬるめの湯船にゆっくりと入るのがオススメです。
暑さに負けない快眠で、昼間は元気に!

是非投票ください!

あなたがフィットネスやスポーツ、エクササイズといった言葉でまず最初にイメージする有名女性は誰ですか?現在の投票状況投票はこちらから読み込んでいます…[sitecard subtitle=関連記事 url=[…]

エアロビクス&フィットネス情報