CATEGORY

Materials

重症化防止!ハムストリングスのテーピング

よく見かけます。肉離れ。 ウォーミングアップやストレッチが不足すると肉離れをおこします。日頃から入念なケアが必要です。 大腿二頭筋や半腱様筋、半膜様筋で構成されるハムストリングスは、疲労の蓄積やウォーミングアップ、ストレッチ不足などが原因でしばしば肉離れを起こします。 長期間の静養を要しますので、日頃から柔軟性を高め、マッサージや筋力アップに努めるようにしてください。 ア.アンカー 大腿部の左右2か所に上下のアンカーを貼ります。 イ.エックスサポート 膝裏近くのアンカーから外側から内側へ交差させ […]

素早くケア!膝のテーピング!

やってしまいました。着地の瞬間、膝に痛みが。 ジャンプの着地や転倒して膝がねじれた場合、膝の内側の痛みや膝を曲げた際に痛みが出てきます。 膝は重い状態を支える重要な関節ですので、大腿四頭筋や大腿筋、内転筋、ハムストリングなどが集中していますので、痛みを感じた場合はテーピングなどで応急の措置をしましょう。 イラストは左足内側を表しています。 ア.アンカー 大腿部や下退部の2か所に1週、アンカーを巻きます。 イ.エックスサポート 下退部のアンカーから大腿部のアンカーへ、中央部が膝の靭帯あたりに来るよ […]

靴拓 魚拓ならぬ靴拓、メーカーのこだわりを見ることができるシューズのソール

NIKE 1964年、アメリカのオレゴン大学陸上部のコーチであったビル・バウワーマンと同部の中距離ランナーであったフィル・ナイトが日本製のシューズであるオニツカ・タイガー(現アシックス)を輸入販売する「ブルーリボンスポーツ社」を設立する。設立時双方500ドルを出資したといわれている。1969年から自社生産を始める。1971年、ブルーリボンスポーツ社の第1号社員であるジェフ・ジョンソンの夢の中に、 ある日の夜突然、「ギリシャの勝利の女神、ニケ」が現れたことからブランド名を新たに「NIKE(ナイキ) […]

靴ひもの通し方、結び方

スポーツやビジネス。の場面では足元で人物像を評価されることがよくあります。TPOに合っていないとか汚れていて不潔といった場合は問題外ですが、シューズ選びが一段落したら自分に合った靴ひもの通し方や結び方にも気配りを心がけてください。 靴ひもの通し方 靴の種類や見た目によってさまざまな靴ひもの通し方がありますが、オーソドックスな通し方4つをご紹介します。 シングル ビジネスシューズやドレスアップシューズに適しています。 パラレル ビジネスシューズやクラシックなスニーカー に適しています。負荷が分散さ […]

ウヮ!顔がパンパン!昨夜の暴飲暴食でもう太った?

朝起きてみてビックリ!別人が映っていた!なぜ? 暴飲暴食や不規則な生活が続いた後、朝起きて鏡を見てびっくり!顔がパンパンに腫れあがっていたことはありませんか。取り急ぎ、顔、目元のマッサージや入浴で急場をしのぎ、時間が経つと腫れは引いた感じはしますが、それでも長引いた場合は心穏やかではありません。判断がつきにくい、むくみと肥満の違いや判断方法などを紹介します。 むくみとは? むくみは、浮腫(ふしゅ)とも呼ばれ、細胞と細胞の間の水分が異常に増加した状態を言います。本来ならば全身をめぐる血液中に含まれ […]

親の世代より1.5センチメートル平均身長が高く!

令和元年学校保健統計調査 令和元年度の身長を親の世代(30年前の平成元年度の数値)と比較すると、最も差がある年齢は、男子では12歳で1.5センチメートル、女子では10歳で0.7センチメートルそれぞれ高くなっています。 なお, 男子女子共に昭和23年度以降、身長は伸びる傾向にありましたが、平成6年度から13年度あたりにピークを迎え、その後おおむね横ばい傾向となっています。 令和元年度の体重を親の世代(30年前の平成元年度の数値)と比較すると、最も差がある年齢は、男子では11歳及び12歳で0.8キロ […]

問答無用!生活習慣病を予防しましょう!

自覚症状がないことが多いので、日頃から注意したいですね。 その名のとおり日頃の習慣からくるものなので、年齢に関係なくお互い注意しましょう。 生活習慣病は生活習慣次第で発病を防ぐことができる病気とも言えます。初期においては自覚症状がありませんので、普段から規則正しい生活習慣を心がけましょう。 高血圧の予防 現代人の肥満は、食べすぎとともに、運動不足が大きく関わっていることから、太っている人はたいてい運動不足だと言えます。 普段からからだをよく動かす習慣のある人には、肥満の人が少ないし、コレステロー […]

熱狂!80年代のディスコ・ミュージック

アース・ウィンド・アンド・ファイアー/レッツ・グルーブ(1981) アース・ウィンド・アンド・ファイアーは、アフリカ系アメリカ人によるファンクミュージック・バンドである。 1970年代の全盛期は、モーリス・ホワイトとフィリップ・ベイリーのツインヴォーカルに重厚なホーンセクションが特徴であった。1980年代前半には、他バンドに先駆けてコンピューターを利用した電子音を採り入れ、実験的な曲創りにも取り組んだ。アメリカ国内だけでなく日本をはじめ世界的な人気も高く、1970年代から何度か活動停止と再開を繰 […]

熱狂!70年代のディスコ・ミュージック

ビージーズ/ステイン・アライヴ(1978) ビージーズは、英国王領マン島生まれのイギリス人の三人兄弟を中心に構成された、男性ボーカルグループ。 1963年にオーストラリアよりレコードデビューし、1973年からは米国を中心に活動を続け、「Massachustts」、「Holiday」、「Stayin’ Alive」、「Night Fever」など、数多くのヒット曲を発表した。 映画『サタデー・ナイト・フィーバーのサウンドトラック』から2作目のリカット・シングルとして、1977年12月13日に発売さ […]

夏を健康的に過ごしましょう!

心高まる季節と言えば夏!でも熱中症や食欲不足も気になります。 連日猛暑がつつきますが、夏ますますやせてしまう人。夏なのになぜだか太ってしまう人。 今年の夏こそ日常生活を見つめなおし健康的に過ごしましょう。 夏太り ・原因 夏は当然暑いため、体温を維持するためのエネルギーを使う必要がないため、基礎代謝量が低くくなります。 それに加え、やはり暑さのため外出や運動を控え、冷房が効いている室内で過ごすことが多くなり、身体活動によるエネルギー消費量も低くくなります。ついでに夏と言ったら焼き肉とビール!アイ […]