【脚】運動・スポーツの源!多くの時間をかけてトレーニングを!

脚は、身体全体の重さを直接的に引き受ける部位であり、全身中最も太い骨と、瞬発力と持久力を兼ね備えた筋力を備えています。

脚の筋肉は骨格筋によって構成され、大きく大腿筋、下腿筋、足筋に分けられ、それらと骨を繋ぐ腱とで脚の動きを調節しています。

足底から上に、足、足首、脛(スネ)、膝(ヒザ)、腿(タイ)までを含めて脚と呼んでいます。

脚は第二の心臓とも呼ばれ、重力に従って下方向へ体液が流動することに因って引き起こされる体液停滞むくみを、脚の筋肉の運動によって上部へ押し返し再び循環系に戻す事を行っています。

このためウォーキングやランニングなどによって促進されるため、これらの運動は全身の血の巡りを良くする効果が望めます。

また、脚は体全体を支え日常的に頻繁に使われる部位であるため、体の中でもっとも頑丈にできている反面、筋力の消費するエネルギーが大きく、使用しない時の退化が激しいので日頃から昇降運動などで膝周辺の筋力を鍛えておく事は老後の健康にも有益であると言われています。

Sponsored Link

人体の筋肉・骨格(お尻・脚)

人体の筋肉(お尻・脚)

人体の骨格(お尻・脚)

脚の関節可動域

股の可動域

膝と股の可動域

 

脚の筋肉には大きな「大腿四頭筋」と「外側広筋」「内側広筋」「中間広筋」などがあり、内臓がない分、脚だけで全体の筋肉量の多くを占めます。

脚の筋肉は、日常動作の歩く、走るなどといった動作はもちろん、ほとんどのスポーツにおいても重要な筋肉になります。

また、足のトレーニングを怠ることは、体のほとんどの筋肉のトレーニングを怠っていると同じことです。

「大腿二頭筋」「半腱様筋」「半膜様筋」の3つの筋肉から構成されているハムストリングは。肉離れを起こしてしまう危険性もあるので、大腿四頭筋とともにバランスよく鍛えることが大切です。

脚のエクササイズ

脚のエクササイズ(プリエ)脚のエクササイズ(スクワット)脚のエクササイズ(ランジ)脚のエクササイズ(ヒップリフト)

Using dumbbell

ダンベルを使ったエクササイズ(スクワット)ダンベルを使ったエクササイズ(ランジ)

Using tube

チューブを使ったエクササイズ(レッグレイズ)

チューブを使ったエクササイズ(サイドブリッジ)

 

スクワットのNGポーズ

スクワットのNGポーズ

 RECOMMENDATION

Sponsored Link