【図解】自宅でカラダを動かす!エアロビクス4つの基本ステップと基本動作!

 

 
これから本番だね!
 
お待たせしました!笑顔で楽しく!
Sponsored Link

エアロビクスの基本動作

一応曲がりなりにも、足と手の動きを紹介してきましたので、完成系としてエアロビクスの基本的な動きをご紹介します。
本当はもっと躍動感に溢れるキレのあるアニメーションでご紹介したかったのですが・・・・

一応、雰囲気だけでも感じ取っていただけたら・・・と思います。

基本動作

ステップタッチ(サイドステップ)

本当はもっと大きな振りで、左右に重心を移した際は、もっと膝を曲げてお尻やふともも、ふくらはぎの筋肉を意識して行います。

エアロビクスの基本動作(ステップタッチ)

レッグカール

躍動感をつけて、お尻にかかとがつくくらいに大きな動きで!

エアロビクスの基本動作(レッグカール)

Vステップ

本当はもっと膝をしっかり曲げて行います!

エアロビクスの基本動作(Vステップ)

ボックスステップ

ボックスステップは4歩で足を四角形に動かすステップです。

エアロビクスの基本動作(ボックスステップ)
右足からのボックスの場合は、右足を左足の斜め前に出し、左足を右足の前からクロスさせます。
そして、出していた右足を元の位置に引込め、次に左足を元の位置に引込めます。

グレープバイン

エアロビクスの基本のステップと言うか代表的なステップの「グレープバイン」!

名前のとおりこの動きは、ぶどうのつるのように足をクロスします。

エアロビクスの基本動作(グレープバイン)
まず、1歩目の足を少し外側に向けて、やや斜め前方に踏み出します。
もう一方の足を1歩目の足の後ろにクロスさせるようにして寄せます。
次に1歩目の足を再び同じ方向に横に出し、1歩目の足に重心を乗せて、もう一方の足を寄せます。

腰の位置が変わらないようにしっかり安定させて、カラダはいつも正面を向いて、おしりが引けてしまわないように注意してください。

レッスンの流れ

一応のエアロビクスの基本的な動作を紹介しましたが、実際のレッスンではインストラクターが、ステップと手の動きを組み合わせた振り付けであるコリオグラフィー(通称コリオ)に基づいてレッスンをリードしていきます。

どうですか?エアロビクスの動き、動作のことが大まか理解できたと思います。

次は、エアロビクスの振り付け、一連の流れであるコリオグラフィーを紹介します。

関連記事

エアロビクスのコリオグラフィーの基本エアロビクスのコリオは通常32カウントで構成されています。これまでいくつかのエアロビクスのステップを紹介してきましたが、お分かりのとおり、ほとんど4カウントで一連の動作となっています。そして通常エア[…]

エアロビクス&フィットネス情報
Sponsored Link