こだわりはコース選びまでも。変幻自在のオリジナルコースを4つ持つ!

シューズにもウエアにも拘ったらトレーニングコースにも拘りたいものです。

ウォーキングにしろ、ランニングにしろ、最初から長い時間・距離は無理ですので、まず、最初は15分程度で一周できるコースを選びます。距離にしたら1~2キロメートル程度で大丈夫だと思います。

次にそのコースを延長させて、平日使用するメインコース(軽いランニングで40分、ウォーキングで60分程度、4~5キロメートル程度)を作成します。

そして、そのコースをさらに延長させて時間に余裕がある休日用のコース(8~10キロメートル程度)を作成します。

距離が延びるようになっても、急な天候の変化や呼び出し等に備えて、これらのコースを周回して練習するのがおススメです。

ウォーキング、ランニングコース

そして、それぞれのコースで万が一に備えてトイレ、給水場、自動販売機の場所を確認しておきます。コンビニエンスストアも要チェックです。

気分転換用に別方向のコースも一つくらいあったがよいと思います。

旅行や出張先で見知らぬ土地をトレーニングする方もいらっしゃいます。

十分な脚力や準備が整えば、そういった楽しみ方やトレーニングも試してみるのも良いかもしれません。

脚への負担を考えたら、土や芝のコースが一部でもあれば最適ですが、今の日本の道路状況から言ってアスファルト舗装でのトレーニングは仕方がありません。日本のロードレースのほとんどがアスファルト舗装上で行われると納得させるしかありません。

しかしながら、トレーニング前後のストレッチや路面からの反射熱等にくれぐれも注意してください。

個人的な意見ですが、次の点には注意しています。

・自宅からある程度離れた地点からスタートするようなコース設定にしています。
・ゴミ収集日の朝のトレーニングは電線下をなるべく避けます。
・落葉樹が街路樹の場合は、季節によってはコースを変更します。
・側溝のグレーチングの位置は頭に入れておきます。

自分なりのトレーニングコースづくりを工夫してみるのもまた楽しみであります。
もっともっと好きになれそうですね。

Sponsored Link

 RECOMMENDATION

  • ナイキエアズームペガサスランニングシューズは、抜群の反発力を備えたクッショニングで多くのランナーに愛されてきたロングセラーです。高い反発力を実現するテクノロジーにより、ペースを上げた理想のスピードに集中できます。アウトソールが着地時の衝撃を吸収し、踏み出すたびに柔らかくスムーズな移動を可能にします。
  • アディダスウルトラブーストは、優れた反発力を持つクッション性能を備えたメンズランニングシューズで一歩一歩の蹴り出しを力強くサポートします。足をつつみ込む柔軟なプライムニットアッパーと、土踏まずと踵の的確なサポートにより、足に吸い付くようなフィット感をかなえています。

  • ニューバランスのランニングシューズの最高峰としてブランドの礎を築いてきた 1000 シリーズの初代モデルM1300。革命的なミッドソール構造が生み出す卓越したフィット感と安定性。オーセンティックなデザインとカラーリング。そして、拘りぬいたディテールは、長い年月が経った今もなお高い支持を集める名品です。

  • アシックスのフォーム材のなかでも最も反発性を発揮するFLYTEFOAM Blastを全面に採用し、加えてアウターソールの中央部分のくぼみがトランポリンのように弾む感覚を提供します。繊維が従来の約半分の細さのモノフィラメントメッシュを採用しており、軽さを感じる素材で、優しいフィット感と快適な通気性を追求しています。

  • ミズノスピードレーサーはもっともっと早く走りたいランナーのためのシューズです。着地から蹴り出しまでスムーズな足運びを可能にする独自のソール設計のスムーズライド、また、約10%軽量化したミッドソール素材は跳ねるような躍動感はそのままに軽やかさをプラスしました。

Sponsored Link