エアロビクスって何?どうやって始めるの?といった諸々の疑問を解決。そして、健康増進や弛んだ身体を磨き上げるためのエクササイズ、トレーニングの方法などを紹介しています。

Yoga&Pilates

TriCraft:エアロビクス&フィットネス情報

ヨーガとピラティス。両者ともマットの上でポーズをとるエクササイズですが、発祥から目的等まで両者に違いがありますので両者の違いを理解されて自分に合ったレッスンを選んでください。

ヨーガとは?

「ヨーガ」と「ピラティス」、欧米の女優さんたちがこぞって夢中になったこともあり、この両者は注目を浴びることになり、今ではスタジオでのレッスンやTV・雑誌でも数多く取り入れられています。今回は「ヨーガ」とはどういったものなのか勉強してみましょう!

ヨーガは皆さんご存知のとおり、インドを起源としています。ヨーガ(というか、その時点では「ヨガ」でしたが)といえば、ターバンを巻いたインドの痩せた男性が足を絡ませて瞑想しているといったイメージしかありませんでした。

ヨーガ

「ヨーガ」=「瞑想」=「精神の鍛錬」の単純な図式しかありませんでしたので、フィットネススタジオでのヨーガといってもなんだかピンとこなかったというのが本当のところでした。

ヨーガまでの流れ

インドを起源とするヨーガは、大きく分けると多くの人がイメージする足を絡ませて瞑想するヨーガ(ラージャ・ヨーガ)と体や呼吸、気の流れで心と体をコントロールするヨーガ(ハタ・ヨーガ)に分けられます。

瞑想を主とするラージャ・ヨーガは中国経由で日本に伝来し「禅」となりました。

また、一方のハタ・ヨーガの中でも、動作を連続して行う「アシュタンガ・ヨーガ」と動作を取りながら瞑想する「アイアンガ・ヨーガ」が欧米で人気となり、これらをフィットネス用に発展させたのが、今日のスタジオで行われる「ヨーガ」となりました。

ですから、現在のスタジオで行われているヨーガのレッスンは、紀元前数千年もの昔からインドに伝わる「ヨーガ」のエッセンスと現代的な欧米のフィットネスの観念を上手くミックスさせたものですから、体幹部のエクササイズ効果は当然のこと、ストレスの対処と解消などメンタル面での効果も充分期待できるレッスンと言えるでしょう!

「ヨーガ」「ピラティス」共に体幹部のエクササイズで、呼吸法が重要な要素であり、また、老若男女にも受け入れられることなど共通点も多くあります。機会があれば是非受講されてみてはと思います。

ストレスとは

「ストレス」という言葉はもともと物理で使われていた言葉です。最近では、「ストレス」といえば、精神的、社会的な要因からもたらされた「心身の歪」の意味の「ストレス」が一般的となってきました。

このストレスをもたらす精神的、社会的な要因は家庭や職場など様々な場面で様々な形で出現しています。

ストレスとは

これら要因によって起こされたストレスは次第に蓄積して、心身に不調をもたらし、最終的には様々な疾病の引き金の一つになると言われています。

ストレスを感じると、血管が収縮し、血流の停滞が起こります。その影響は最初小さな血管に現れ、非常に小さな五感はもろにストレスの影響を受けることになります。例えば、感覚細胞は数千しかないため、ストレスによって血流が停滞するとその細胞は死滅してしまいます。

また、五感の機能は相互作用があるため、嗅覚が駄目になると味覚も駄目になるなど五感がストレスによって損なわれていくことになります。当然のことですが、五感の中枢は脳にありますので、五感の低下によって脳がオーバーヒートを起こしたような状態となり充実感、行動力の低下を招き、また、身体を正常に戻すためのホルモン分泌も追いつかなくなり、結果として、疎外感や孤独感を感じ生きる意欲の低下にもつながってきます。

更には、このことがまたストレスとなり、ストレスの悪循環が続いていくということになります。ストレスは人間が持つ防衛反応であり、また、精神的な刺激となりやる気を引き出すような良いストレスもありますが、現代では精神的、社会的要因の増加と必要以上の防衛反応となる面が多くその対処と解消は難しいところです。

その対処や解消のため心理学的、生理学的なアプローチから様々な方法が紹介されていますが、「ヨーガ」もお奨めです。

「冥想」と一定のリズムの中で弛緩と緊張の「ポーズ」繰り返していく「ヨーガ」は、ストレス解消のために試してみる価値は十分にあると思います。そして、「アロマ」を使ったリラクゼーションも有効だと思います。

 

Yoga&Pilatesの最新記事4件