Energy&Nutrition

あなたに必要なエネルギー量は?

肥満を一言で、「摂取エネルギーと消費エネルギーの収支関係が摂取エネルギー過多の状態。もしくは、その蓄積」と定義しましたが、それでは一体、摂取エネルギーはどのくらいが目安なのでしょうか?
現在では、下の算式で1日のエネルギー所要量が求められます。

 ●エネルギー所要量=1日の基礎代謝量×生活活動強度=基礎代謝基準値×体重×生活活動強度

性別・年齢階層別の基礎代謝基準値と生活活動強度を下記に掲載していますので、算出されてみてはと思います。

ちなみに、前記で身長160㎝の場合の標準体重は1.6×1.6×22=56.32kgとなり、67.584kg以上が肥満となるとしていましたが、この人物を30歳の女性で、一般的な主婦あるいは事務職であると仮定して、エネルギー所要量を計算してみましょう。

国民の大部分は下記に掲載している「生活活動強度Ⅱ(やや低い)」に該当し、一般的な主婦・事務職の方もこの分類に含まれますので、生活活動強度は1.5を適用することになり、標準体重(56.32kg)の方のエネルギー所要量は次のとおりとなります。

 ●エネルギー所要量=56.32×21.7×1.5=1833kcal

となります。

しかしながら、今日では生活活動強度は低下しており、国民の望ましい目標としては、「生活活動強度Ⅲ(適度)」とされていることから、理想的なエネルギー所要量は生活活動強度の倍数を1.5ではなく1.7を適用させた下記のエネルギー所要量と考えます。

 ●エネルギー所要量=56.32×21.7×1.7=2077kcal

チョッとだけ食べられる食事の量が増えたと喜んでいる方!当然のことですが、今以上運動などをして望ましいエネルギー消費を行わないと・・・・

エネルギー消費量