エアロビクスって何?どうやって始めるの?といった諸々の疑問を解決。そして、健康増進や弛んだ身体を磨き上げるためのエクササイズ、トレーニングの方法などを紹介しています。

Energy&Nutrition

TriCraft:エアロビクス&フィットネス情報

あなたは本当に肥満なのか?

現在国民のエネルギー摂取量は全国平均で10パーセント近く上回っているとされています。

こうした中で、家庭や職場などでは色々な作業・仕事が機械化・省力化され益々エネルギーの過剰摂取の傾向が強くなり、肥満の増加やそれに伴う生活習慣病の増加が危惧されています。その反面、特に若い女性の間での極度のダイエットによる不健康なやせも多くなってきています。

そもそも「肥満」とはどのような定義なのでしょう?手元の国語辞典によると「体が肥え太ること」とかなりそのもの(「肥満」じゃなくて「肥太」だったらもっと凄いインパクト!)。

一言でもっともらしく言えば、「摂取エネルギーと消費エネルギーの収支関係が摂取エネルギー過多の状態。もしくは、その蓄積」となるのではと考えます。また、数値的には「体重が標準体重より20パーセント以上多い場合が肥満症」とされているようです。

ではそもそも、「標準体重」とはどうやって算定するのでしょうか?

私の思春期には「身長(センチメートル)-100」だったと記憶していますが、いつのまにか「身長(センチメートル)-100)×0.9」となり青ざめたこともありました。

現在主流となっているのは、WHOが推奨するBMI(Body Mass Index)です。BMIは下記の算式で求められます。

   ●BMI=体重(キログラム)÷{身長(メートル)×身長(メートル)}

日本肥満学会ではBMI=22を標準。BMI=26.4以上が肥満、BMI=20未満がやせと提唱しています。

BMI=22を標準とすると標準体重は下記の算式で求められます。

   ●標準体重=身長(メートル)×身長(メートル)×22 となります。

ちなみに、身長160センチメートルの場合の標準体重は1.6×1.6×22=56.32キログラムとなり、67.584キログラムkg以上が肥満となります。

ここまで読まれたらお気づきだと思いますが、BMIでは年齢や性別を考慮していませんので、BMIと併せて、厚生労働省の「肥満とやせの判定図」も参考にされてはと思います。

 (参考までに20~29歳・30~39歳の女性の判定図を載せております。)

肥満と痩せの判定図
肥満と痩せの判定図