CATEGORY

Stretch

バランスの取れた姿勢は美しい

正しい姿勢 正しい姿勢・美しい姿勢といっても極端に姿勢が悪いと言った人以外には余り関心がないのが実情です。正しい姿勢と言われたら、胸を張って、顎とお尻を引いた軍隊的な直立不動の姿勢(学校で言う「気をつけ!」)を想像しがちです。 エアロビクスでも、姿勢は「アライメント」と言って、インストラクターのオーディションの際の採点項目のひとつになっているほど重要視されていますので、身体に負担をかけず、運動効果を高めるため正しい姿勢(アライメント)をとるよう心がけてください。 それは、頭から身体の中心を貫く一 […]

関節可動域を知って、効果的なストレッチでケガ予防!

ROMとは、Range of Motionの略で、関節可動域という意味です。運動不足が続いたりケガなどをした場合、関節の動く範囲が狭くなり、ROMが制限されてしまい、運動の効率を低下させてしまいます。 関節可動域は、靱帯・腱・筋肉および関節包がどの程度強固に関節を取り巻いているかによって決まります。これらの構造がよりゆるく柔軟であればあるほどより大きく動くことができ、逆に強固であるほど動きは小さくなるといわれています。 このため、日ごろからストレッチなどで関節を伸張させ、関節の周囲の組織を柔軟に […]

自宅で簡単ストレッチ!血行を良くして、疲労回復と柔軟性もアップ!

エアロビクスって結構、足を使うのでケガをしないか心配 レッスンの最初のほうにウォーミングアップがあってカラダを温めたりするけど… ケガ防止のため日頃から柔軟性のためストレッチを欠かさないようにしたが良いね! 筋肉の柔軟性の不足した状態でいきなりエアロビクスなどの運動を行うと捻挫や肉離れを起こしやすくなりますので、ストレッチにより柔軟性を高め関節の可動域を広げた状態で行うようにすればケガをしにくくなります。 まずはストレッチ 昔から「身体が柔らかいとケガをしにくい!」と言われるように、身体の柔軟性 […]

エアロビクス&フィットネス用語集

エアロビクスやフィットネスに関する用語集です。 エアロビクス BPM(Beat Per Minute) 1分間に刻まれるカウントのことです。BPM150は、1分間に150回ビートが刻まれる速さの曲となります。 アライメント エアロビクスでは、安全な姿勢を維持してエクササイズを行うこととされています。主にオーディションやサバイバルエアロなどでの審査項目の一つとして使われることが多いようですが、一般的にも悪い姿勢でエアロビクスを行っているとケガをする危険性も多いので注意しましょう。 コリオ 正式には […]