人体の筋肉

エクササイズを行う前にはストレッチ。そしてストレッチを行う前にまず人間の体の筋肉と骨格がどうなっているか勉強してみましょう。

人体の筋肉

筋肉には、脳脊髄神経によって活動が調整され意思によって調整できる随意筋と自律神経によって活動が調整され、意思によって調整が出来ない不随意筋とがあります。

随意筋は、骨格に広く分布して運動をつかさどる骨格筋(横紋筋)があり、また、不随意筋は内臓を動かす平滑筋や心臓を動かす心臓筋などがあります。

一般的には、エクササイズの対象となる筋肉は随意筋となります。

また、筋肉は速筋と遅筋に区分され、速筋は瞬発的に多くの力を発揮でき、遅筋は持続して力を発揮できますので、速筋と遅筋の割合によって瞬発系スポーツ向き、持続系スポーツ向きと区分されることがあります。速筋は白味を帯びた筋肉であるため白筋、遅筋は赤身が強いため赤筋とも呼ばれています。

このような筋肉は効果的な負荷を与えてトレーニングすることによって発達します。また、筋肉を発達させるためにはエネルギーが必要となりますので、効果的なトレーニングを行うことが最終的には体脂肪の燃焼、ダイエット効果も期待できることになります。

軽い負荷で回数をこなすトレーニングでは遅筋が発達し、筋持久力は向上しますが、筋肉自体が大きくなることは少ないようです。(一般的にはトレーニング時間も長くなりますのでダイエット効果もあると言われています。)
逆にウエイトトレーニングでは、速筋は発達し、筋肉隆々となりますが、ダイエット効果は少なくなります。

つまり、エアロビクスなどの有酸素性運動に偏ったエクササイズより、筋肉を肥大させ、消費エネルギーを増大させるよう適度なウエイトトレーニングを併せて行う方が、よりエクササイズの効果が期待できることになります。

随意筋

脳脊髄神経で活動が調整され、意思によって調整できる筋肉のことです。
一般的には運動をつかさどる横紋筋を指します。

不随意筋

自律神経で活動が調整され、意思によって調整できない筋肉のことです。
一般的には内臓を動かす平滑筋や心臓を動かす心臓筋を指します。

More from TriCraft

  • 足首のテーピング足首のテーピング 足首を捻挫してしまった。でも、エアロビクスをやりたいという方!テーピングをし […]
  • 足首の捻挫足首の捻挫 人間は、「蹠行(しょこう)性動物」で「かかと」を地面につけているので安定性が […]
  • 脂肪はどこにつくか?脂肪はどこにつくか? 身体につく脂肪は、古今東西、老若男女を問わず悩みの種ですね。 脂肪がど […]
  • 人体の骨格人体の骨格 人間の体の骨格がどうなっているか勉強してみましょう。 […]
  • 肥満多いか少ないか肥満多いか少ないか 平成25年国民健康・栄養調査によると、BMIが「ふつう」の範囲にあてはまる者 […]
  • 妊産婦のための食生活指針妊産婦のための食生活指針 厚生労働省は、2006年2月に「健やか親子21」推進検討会が「妊産婦のための […]
Sponsored Link