レッスンの選び方!

スタジオに行くと必ずスタジオで行っているレッスンが書かれているスケジュールがあります。
これを見て、レッスン内容、インストラクター等を見て受けるレッスンを決めるのが一般的です。

このスケジュールを見てもらえば判るように、エアロビクスはじめ様々なプログラムが準備されていますので、いきなりでは何がなんだか判りません。
各スタジオ思い思いにネーミングしていますので、正直「何のレッスン?」と想像できないものもありますが、ここでスタジオプログラムの一応の整理をしてみます。

■エアロビクス系・ステップ系

初級コースは「はじめてエアロ」「かんたんエアロ」「やさしいエアロ」等が使われているようです。
また、上級コースは「がんがん」とか「がんばる」等ちょっと挑発的なネーミングが使われています。
なお、「ローインパクト」は強度の程度ですので、一概にやさしくて初心者向けのエアロビクスでない場合もあります。
45や60、90などの数字はレッスン時間(分)を表している場合がほとんどです。

■ダンス系

ファンク、ヒップホップ、ラテン、ジャズダンス、フラダンスなどダンスの種類をネーミングしている場合がほとんどです。

■マッスル系

ボディパンプ(バーベルを使ったトレーニング)、ダンベル、チューブ、Rep Reebok(バーベルやコアボードを使ったトレーニング)など

Sponsored Link
■格闘技系

ボクシング、空手、護身術、テコンドーなど

■コアトレーニング系

ヨーガ、ピラティスなど

■リラクセーション系

ストレッチ、マット、アロマストレッチなど

などに分けることができます。

初心者のエアロビクスのレッスンは思ったほど準備されていません。
ただし、会費制ですから、たくさん受講したほうがお得!
「初心者だから」「難しそうだから」「格闘技はどうかな?」とか言わず、自分の体力にあわせた多くの種類のレッスンをまず体験されたが良いと思います。

大抵、「強度」「難度」が☆の数等で標記されていますので、初めて参加するプログラムでは、「難度」は低いレッスンを、体力に自信のない方は、強度が低いプログラムを選択されると良いでしょう。

エアロビクスの音楽は、ユーロビート系の音楽が使用されることが多く、ローインパクト、ハイインパクトなどレッスンプログラムの種類によってBPM(Beat Per Minute:1分間に刻まれるカウント)を使い分けています。
何故ユーロビート?かと言えば、多分、80~90年代のディスコ・ブームの影響か単にノリノリになれる音楽だからといったところだと思います。
プログラムによっては、最初から最後まで一定の速さの場合もありますし、最初はゆっくり、徐々に速くなり、クールダウンへとつなげる速さだったりする場合もあります。
プログラムの種類によるBPMは概ね下のとおりです。 

 90-110:ヒップホップ、ファンク
100-120:マタニティ、シニア
120-130:ステップ、アクア
130-140:ミッドテンポ
130-150:格闘技系、筋力トレーニング
140-160:ハイ&ローエアロビクス
120-150:ステップ+エアロビクス

通常、BPMを意識することは余り無いと思いますが、エアロビクスインストラクターにとって、BPMは重要な数値となっています。

More from TriCraft

Sponsored Link