スポーツによるエネルギー消費量は?

今度は、どのような日常の活動やスポーツで、どのくらいエネルギーを消費するのでしょうか?
これまで、30歳の女性で、仕事は事務職、身長160センチ、体重は標準体重の56.32kgの方を例に目安の立ててきましたので、今回もこの女性を例に求めてみる事にします。前記のとおり、この女性の望ましいエネルギー所要量は2077kcalでした。
 下の算式で活動・運動ごとのエネルギー消費量が求められます。(今回は1分間での消費量を求めます)

 ●エネルギー消費量=動作強度×(基礎代謝基準値÷1440)×体重

前記の基礎代謝基準は1日当りでの数値ですので、今回1分間でのエネルギー消費量を求める事にしておりますので60分×24時間の1440で割った1分あたりの基準値を使用いたします。
先ほどの女性が6時間パソコン等の事務をした場合のその仕事で消費するエネルギー量(1分当り)は、

 ●エネルギー消費量=1.6×(21.7÷1440)×56.32=1.357kcal

6時間に換算すると、

 ●エネルギー消費量=1.357kcal×60分×6時間=488.85kcal

となります。
また、この女性がエアロビクスの45分のレッスンを受けた場合のエネルギー消費量(1分当り)は、

 ●エネルギー消費量=5.0×(21.7÷1440)×56.32=4.243kcal

45分間に換算すると、

 ●エネルギー消費量=4.243kcal×45分=190.95kcal

となります。
動作強度の目安を下記に掲載していますので、算出されてみてはと思います。

つまり、動作強度の強いスポーツや日常生活活動を長時間行うと必然的にエネルギー消費量が増えることになりますが、心肺機能や筋力等を無視して無茶に行うと怪我の元です。
今回下記の動作強度の表を作成していて、思わぬ動作やスポーツが結構エネルギー消費しているのだなと改めて感じました。たとえば、掃除機を使わない掃除や雑巾がけ、布団の上げ下ろしなど、軽いスポーツと同等の消費量です。
日常生活の工夫一つでエネルギー消費量は増やせます。

More from TriCraft

Sponsored Link