シューズの選び方!

いざ!スタジオに行こうと決心したら、ますシューズ!と思っていただいて結構です!

エアロビクスって何?とりあえずお試しでレッスンを受けようとする方以外で、ちょっとエアロビクスを続けてみようと思われたなら、ますはシューズの購入を検討されてください。

もうちょっと慣れてから、とか、今履いているジョギング・ウォーキング用のシューズが駄目になってから考えよう!では、チョッと遅すぎます。

シューズは、足への衝撃と保護したり、足の動きをサポートする大切な働きがありますので、シューズの選択を間違えたら、健康のため!どころか、怪我の元になります。
そして、メーカーから出されている様々なカテゴリー毎のシューズは、そのスポーツの特性に合わせて造られているので、形は似ていても全くエアロビクスには適応していないという場合もあります。

例えば、エアロビクス用のシューズに似たウォーキングシューズがあったとしても、エアロビクスにはウォーキングにはない横の動きがありますし、床と地面の違いなどから、アウトソールも担う役割は全然違い、おのずと材質・パターンも違っています。
形が似ているからといって、履き続けると後々後悔することは間違いありません。

だから、ちゃんとエアロビクス用のシューズを正しく選択し、履くということが大切なのです。
シューズの選び方に入る前に、シューズの各部の名称と役割をちょっとだけご紹介します。

シューズの選び方

シューズ選びの際、絶対に必要なのは、「実際手にとって、履いてみる!」ということです。
インターネットでの購入の際は、返品交換について、メールなどで確認するしておく必要があります。

そして、実際シューズを手にしたときの選び方を順を追って・・・

(1) まず、手に持って重量感を確認!

エアロビクスのシューズの場合は、足の保護や足の動きをサポートするということが大切ですので、サポート性を備えるためには、自然と重量感があるシューズになってしまうのは否めないと考えます。
メーカーの開発が著しいため一概に言えませんが、あまり軽すぎるシューズは?です。 

(2) シューズのつま先とかかとを持って、曲げて、ねじってみる! 

シューズのつま先とかかとを持って曲げたり、ねじったりしてみましょう!曲がらなかったり、ねじれなかったら選ばないのが無難です。
また、逆に少々の力で曲がったり、ねじれたりするのも考えものです。
理想的なのは、適度な弾力性を持ち、曲がったり、ねじれたりしたらちゃんと自然に元の形に戻るのを選びましょう。
また、曲がる箇所が、足の曲がる箇所(指の付け根あたり)と一致するかも確認しましょう。 

(3) 実際に履いてみましょう! 

試しに履く場合でも、エアロビクスで使用する靴下でシューズを履きましょう!
アウトソールと床の接地具合はどうですか?安定していますか?そして、ミッドソールのクッション性を感じられますか? 

Sponsored Link
(4) 痛くないですか? 

前後左右に大きく体重移動させてみます。(本当はエアロを実際にやってみるのがベストなのですが、やはり店頭では無理ですので)くるぶしやアキレス腱にシューズが当たって痛くないですか?気になりませんか?
試し履きの段階でそのような痛みや違和感があったら、実際のエアロビクスの際は大きな負担になることが予想されます。

(5) 土踏まずとインソールはフィットしていますか? 

本来土踏まずは地面には接していません。
シューズを履いて土踏まずとインソールが全く接していないというのは、インソールの意味を持ちませんし、また、一部分だけ接しているというのも不快なものです。
土踏まずとインソールが全体的にフィットしているような感覚が得られればベストです。
インソールは、シューズを買った後でもインソールだけ別に買ったりして、自分の好みに調整できます。 

(6) 曲がる場所の確認 

(2)の最後に書いたように、足の指の曲がる箇所とシューズの曲がる箇所が一致しているか実際に履いた際も確認します。 

(7) サイズの目処 

かかとをシューズにフィットさせて、つま先に1センチほど余裕があるのがベストと言われています。 

大体、上の7点で購入の際、検討してみてはと思います。
ただ、足の形は千差万別です。足の形・甲の高さなどによってはもっと優先すべき点があると思いますので、実際購入される際は、恥ずかしがらすに多くのメーカーの多くの商品・サイズを試し履きされて、悩みがあれば店員さんに相談などされて、急がずじっくり選んでいただけたらと思います。

More from TriCraft

Sponsored Link