グーグルを使ってあなたのお店やお気に入りの場所等を紹介する

あなたのお店やお気に入りの場所等の地図をインターネット上で紹介できれば、もっと楽しく有益になるはずです。

これらの方法は既に数多く紹介されていますので、詳細にわたって紹介するまでもありませんが、個人的に一応の備忘録として整理してみます。

1.グーグルアカウントを作成

自分自身で手書きやアプリでイラストや地図を描いて紹介できるよといった方は必要ありませんが、そこまではと億劫になる方もいらっしゃいます。

そういった方のため、ここではグーグルのアプリを使って、なるだけ無料でお店などを紹介する方法を整理してみます。

まずは、グーグルのアプリを使用するためグーグルのアカウントを作成します。検索サイトで「グーグル アカウント作成」で検索すると検索結果として次のようなグーグルのアカウントヘルプが大抵最初に紹介されます。これを表示させて、「アカウントの種類の選択」から「自分用」をクリックします。

グーグルを使ってあなたのお店やお気に入りの場所等を紹介する

すると氏名の記入やパスワードの設定画面となり、必要事項を記載してアカウントを作成することとなります。

グーグルを使ってあなたのお店やお気に入りの場所等を紹介する

2.グーグルアプリのスプレッドシートを選択し、住所録を作成する

アカウントを作成したら今度はお店やお気に入りの場所等のデータを保管するもの(ここでは住所録とします)として「スプレッドシート」を使用します。

「ようこそ」のページの右上にあるコロンが9つあるボタンをクリックするとグーグルアプリの一覧が現れてくるので、スプレッドシートを選択します。

グーグルを使ってあなたのお店やお気に入りの場所等を紹介する

 

グーグルを使ってあなたのお店やお気に入りの場所等を紹介する

新しいスプレッドシートを作成、「空白」をクリックすると次のような新規スプレッドシートが「マイドライブ」の中に出来ます。

この「マイドライブ」は、アカウントごとに割り振られたスペースでスプレッドシートやグーグルのアプリで作成したドキュメント、スライド、フォームや他で作成した写真や画像、文書等もアップロードして保存、活用することができます。

またフォルダも作成できますので、文書や写真等の整理もできます。

グーグルを使ってあなたのお店やお気に入りの場所等を紹介する

ご覧のとおり、表計算が出来るソフトとほぼ同様の外観と操作だと思います。

ここでは、一応お気に入り場所を表示させると仮定して、「はとバス」の東京周遊コースのポイントをお気に入り場所として設定していくこととします。

なお、今回の本来のコースでは車窓から風景を眺めるだけで、それぞれのスポットで停車・見学はしないそうです。

まず、スプレッドシートを住所録のごとく、「A1」に「名称」、「B1」に「住所」、「C1」に「電話番号」、「D1」に「URL」とし、タイトルを「無題のスプレッドシート」から好みのタイトルに変更します。

「無題のスプレッドシート」部分を一回クリックすると変更できるようになりますので、ここでは「東京遊覧コース」とします。

グーグルを使ってあなたのお店やお気に入りの場所等を紹介する

グーグルを使ってあなたのお店やお気に入りの場所等を紹介する

ここで気付くのは、スプレッドシートの上段の「ファイル」、「編集」等のメニューを開いても「保存」というメニューがありません。

スプレッドシートをはじめとするグーグルのアプリは自動保存が基本ですので、自動的にグーグルの「マイドライブ」に保存されることになります。

マイドライブは、スプレッドシートと同様、グーグルアカウントページの右上にあるコロンが9つあるボタンをクリックし、グーグルアプリの一覧の中から「マイドライブ」を選び、右クリックで「新しいタブで開く」をクリックすると「マイドライブ」が立ち上がります。

Sponsored Link