エアロビクスの基本動作 1

エアロビクスの基本動作にステップがあります。
足の動作であるステップには様々なステップがありますが、その中でも初心者向けのレッスンで多い、「ローインパクト」で使用されることが多いステップの中から基本中の基本を紹介します。

マーチ

エアロビクスの動作の中で基本中の基本「マーチ」は、音楽に合わせてリズムを取ってその場で歩く(足踏み)する動作です。

ウォーキング

次もエアロビクスの基本の動きでウォーミングアップでよく使われる「ウォーキング」。その動きは読んでのとおり、音楽に合わせて前後に歩くことです。
(1)右足を一歩前へ進み、次に左足を右足に寄せる。
(2)右足から一歩下がり(元に戻り)、左足も続いて戻る。
(3)上2点の繰り返しです。

エアロビクスのステップ
ウォーキング

どうですか?簡単な動作でしょう!
簡単な動作ですから、背筋を真っ直ぐ伸ばして、音楽に合わせて行うことに注意して下さい。(笑顔も忘れずに♪)

Sponsored Link
ステップタッチ(サイドステップ)

次は横への動きの基本「ステップタッチ」です。
(1)右足を横に踏み出し、次に左足を右足側にひきつける。
(2)左足を逆方向(左方向)に踏み出し、右足を左足側にひきつける。
(3)上2点の繰り返しです。 

どうですか?これも簡単でしょう!

エアロビクスのステップ
ステップタッチ

足の動きだけだと簡単なのですが、でもここからが実は大変なんです。手の動きが加わったり、重心の移動(重心の移動を上から下へするか、下から上へするか)も変化が出たりと・・・ 

Vステップ 

次は、足の動く軌道が「V」の字を描くVステップです。この辺りから足と手の動きがバラバラになりそうで躓くところかもしれません。
(1)右足を右斜め前に踏み出す。
(2)左足を左斜め前に踏みだす。
(3)右足を元の位置に戻す。
(4)続けて左足を元の位置に戻す。

エアロビクスのステップ
Vステップ

Vステップで注意するところは、足を踏み出す際は、つま先から着地するところです。

おまけに、この動きを後方で行うのが、そうですAステップです。

もう一つのステップ

エアロビクスには、「ステップ」という言葉には、二つの使われ方があります。

一つは、エアロビクスを行う際の足の動きの意味の「ステップ」。
もう一つはステップ台を用いた昇降運動を伴うエアロビクスの「ステップ」です。

後者のステップは、ステップ台に乗ったり降りたりしながらエアロビクスの動きを行います。
ステップ台への昇降という動きのイメージとは裏腹に足への衝撃が少ないという特徴があり、また、下半身への運動強度は高いので、下半身の筋力アップに効果的なエクササイズのひとつです。 

通常、スタジオのスケジュールなどで「かんたんステップ」とか「はじめてステップ」とか謳われている場合は、このステップ台を使った「ステップ」のことを言っています。

日頃の運動不足を反省し、初めて入ったスタジオで、どのクラスに入ろうか迷った挙句「エアロビクスを始める前に、まずは基礎的な足の動きを体験しよう!」と考えて、「かんたんステップ」のクラスに入ったら、「まぁ大変!」です。
くれぐれもご注意ください。

しかしながら、ステップ(後者の)の効果は前記のように大きいので、エアロビクスに慣れたら是非参加してみてください。

ステップ

More from TriCraft

Sponsored Link